50代リストラおやじの「転職で人生大逆転」日記

52歳でリストラ!? でも転職したら... 年収200万円アップ!? 40代・50代で転職を考えている方、今の仕事や職場に限界を感じている方、必見必読のブログです!

01 私が転職した理由(ワケ)

年収2000万!? の転職オファー?

2019/05/03

この前の投稿で、外資系企業から一社、内定もらった話を書きました。

 

先日、転職エージェントからお誘いが来たので、もう一社、面談を受けてみることにしました。そのエージェントからのメールタイトルがスゴかった。

今月末まで年収2000万オファー

なんか、よく迷惑メールとかに届く、アヤしい売込みみたいな(笑)。

これはヘッドハントです」とメール本文にありました。

 

年収600万円、出世コースから外れ、ちょっとくたびれている52歳のおやじに「ヘッドハント」・・・

 

ホントかよ。と、ひねくれてみたくなります。

 

でも、転職エージェントから見ると、私にはヘッドハントしたくなる何かがあるのだと思います。

あなたは、こんな私がなぜヘッドハントされたり、年収2000万円のオファーが来たりするのか、不思議に思うかもしれませんね。

実は、ちょっとしたコツというか方法があるんですが、それはそのうち、このブログでも書いてみたいと思います。

私と同じような境遇、40〜50歳くらいで、出世コースから外れてて管理職になれなくて、家族や老後のために、退職金めあてで定年までガマンしようなんて思っていたら…、たぶん興味が湧くでしょう。

さて、ともかく年収2000万と聞いては黙っていられません

もともとは年収600万で毎月カミさんに「給料が安い」と文句を言われてたことを考えれば、内定をもらった会社の「年収800万・管理職」オファーでも十分にありがたいんですが、それでも…

気になるじゃないですか、「年収2000万」って、やっぱり。

 

で、面接を受けに行きました。まあ、記念受験みたいなもんですね。

丸の内にそびえ立つオシャレな高層ビルでした。1Fにはブランドショップが入ってます。うーん、いかにも、というカンジ。私の人生には、まあ縁がなかった場所ですね。

まずビルの受付があって、それから会社の受付がある。なんで?(笑)

で、会社受付に3人も並んだお姉さん(?)におそるおそる声をかけ、面接相手のエラい方と約束がある、と伝えました。

「こちらに」とキレイなお姉さんに連れられ、これまたキレイなミーティングルームに通されました。ビデオ会議で使うらしい壁一面のスクリーンが圧巻です。

「少々、お待ちください」

うーん、やっぱり外資系コンサル会社って儲かるんだなぁ…と、茫然とミーティングルームで相手の方を待ってました。

それほど、緊張はしてませんでした。緊張っていうよりもう、なんか別世界ってカンジですね。

こんなキレイな場所で仕事すると、なんか疲れそうだなぁ、なんて考えてました。キレイなオフィスはどうも落ち着かない(笑)。

相手の方がやってきて、面接がはじまりました。面接を受けている最中に

これは、オレが働く場所じゃないなあ

なんて、考えたりしてました。

その空気が相手にも伝わったのか、結局、2回目の面接にはつながりませんでした。

でも私は気にしていません。惜しい、とも思っていません。っていうのは、たとえ年収800万円でも(それでも今の私からすれば十分ありがたいですが)、内定をもらった会社の方が何しろ雰囲気が全然いいので。

入社する前から、呑み会に誘われたりして、勇気を出して行ったみたら、なぜか盛り上がりました。

「私も前は日本企業に勤めていたんだけど、ここは働きやすいと思います」

と、もうすぐ同僚になるらしい人が言っていました。

前にも書きましたが、やっぱり会社って、恋人とか結婚相手と一緒で相性っていうのがあると思います。

 

カッコいいオフィスビルみたいな外見も大事かもしれませんが、長くつきあうにはやっぱり価値観とか考え方がある程度、理解できないとツラくなるだけですから。

-01 私が転職した理由(ワケ)

【人気の投稿】